台北「龍山寺の参拝時間」夕方から夜がおすすめの理由


台北の龍山寺は多くの観光客が訪れる人気の観光地です。団体旅行のスケジュールにも組み込まれている事が多く、ピークの時間帯には「地元の信者、観光客、団体客」と参拝するにも一苦労の状態になります。

何故、これほど人気かと言えば、一番は19もの神様が祀られているため、様々な願い事に対応ができる。特に若い人に人気なのが恋愛の神様「月下老人」。熱心にお経を唱えている人もいれば、記念撮影する人など、様々な人々が集まる龍山寺に行くなら断然「夜」がおすすめです。

スポンサーリンク

夜の参拝がおすすめの理由

何故夜の参拝がおすすめなのか!その理由をご紹介します。

昼間より観光客が少ない

最大の理由は「昼間より夜の方が人が少ない」。団体ツアーは昼間に訪れる事が多いので、夜はツアー客が居ない分、比較的空いています。



昼間はこのように熱心に参拝する地元の信者や、団体ツアーが多く訪れます。

日焼けの心配がいらない

沖縄より南にあるため夏になると日差しが強く、気温も高くなります。境内で日傘を使う訳にも行かず、その点、夜なら日焼けの心配もいりません。

写真がキレイに撮れる

夜になると境内がライトアップされ、日中よりも幻想的な写真を撮る事ができます。


お経を聞きながら有難い気持ちになれる

昼間も多くの地元の信者が集まりますが、夜も更に多くの信者がお参りに訪れます。地元の方と一緒に境内の一角に腰を下ろし、お経を聞いているだけで有り難い気持ちになりますよ。


時間をかけてゆっくり参拝ができる

龍山寺の恋愛の神様「月下老人」も、時間をかけてゆっくり参拝する事ができます。


徒歩2分の場所に夜市がある

龍山寺から徒歩約2分ほどで「廣州街観光夜市」「華西街観光夜市」があります。夜市は夜遅くまで開催しているので、夜に参拝に訪れそのまま夜市を楽しむ事ができます。

台湾の夜の楽しみと言えば夜市です。大小さまざまな夜市が開催されているので、全ていく事はできません。今回は隣接する2つの夜市を紹介します。

龍山寺の詳細・マップ

正式名称:艋舺龍山寺(マンカーロンシャンスー)
住所台北市広州街211號
解放時間6:00~22:00
アクセス地下鉄MRTの板南線「龍山寺站」1番出口から徒歩約1~2分

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換