高雄「六合夜市」甘めのソースが美味しい牡蠣オムレツ


高雄の夜市と言えば「六合夜市」が有名です。高雄市地下鉄「美麗島駅」から近く、広い一本道に露店が並んでいるので歩きやすい。

シーフード系のお店が多く、道の中央にテーブルが並んでいるので、好きな物を購入したら、直ぐに食べる事ができます。

スポンサーリンク

六合夜市のグルメ

蚵仔煎(牡蠣オムレツ)

台湾でもっとも好きな食べ物が「蚵仔煎」です。玉子に片栗粉を入れ「牡蠣+エビ+野菜」を入れた牡蠣のオムレツです。甘めのソースを付けて食べますが、トロッとした玉子に甘めのソースが良くあいます。




六合夜市には蚵仔煎のお店が数件あり、人が多く集まる時間帯には行列が出来ていました。蚵仔煎を指差し「1個」と伝え、「テイクアウト?お店で食べる?」と聞かれるので、その場で食べる場合は、テーブルを指差しするだけでOK。

「椅子に座って待っていて」のようなニュアンスだったので、座って待っていると蚵仔煎をお皿に入れ、持って来てくれました。牡蠣が入っているのに、1皿50元(約191円)と安い。

台北、台南でも食べる事ができますが、焼き方次第で味が半減するので、いろいろなお店で食べ比べてみてはいかがでしょう。

肉粽(ちまき)

高雄の名物の1つが肉粽(ロウツォン)と言う、日本で言う「ちまき」のような食べ物です。もち米の中に角煮や椎茸角が入り、ピーナツの粉と醤油風味のソースがかかっています。


確か1個30元(約115円)でしたが、肉粽はテイクアウトしてホテルで食べました。冷えても美味しい「ちまき」を1度食べてみてください。

鳥蛋蝦焼(うずらエビ焼き)

うずら卵とエビを、たこ焼き機で焼いた鳥蛋蝦焼。数量によって値段が異なり、6個入りで60元(約230円)だったと思います。マヨネーズのソースがかかっていますが、これがかなり合うんです。


たこ焼きの半分の大きさで、中に「うずら卵+エビ」が入っています。たこ焼きのように丸くすればいいのにとも思いますが、半分の方がエビが見えて、見た目がいいのかな。

数年前に六合夜市で食べた蚵仔煎が美味しく、それから食べ続けている蚵仔煎。お店によっては、焼きすぎてトロッと感がない所もありました。

焼き加減は好みなので、いろいろな夜市で食べ比べ、No.1の蚵仔煎を見つけてくさい。ちなみに、私の中では3年前に食べた六合夜市の蚵仔煎がNo.1です!(どのお店が忘れました)

六合夜市の詳細・マップ

六合夜市(Liuhe Night Market)
住所高雄市新興區六合二路
営業時間18:00頃から深夜2:00頃まで
アクセスMRTレッドライン「美麗島駅」下車、出口11番より徒歩約2分

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換