最強のパワースポット「大神島」に上陸して神秘の秘密を探ってみました!


宮古島から定期船に乗って「大神島」にやってきました。神様が住むと言われ、許されない者は上陸も出来ないと言われています。

「神様が住んでいるのなら訪れるだけで運気が上がりそう!」

そんな期待をして訪れた大神島でしたが、上陸し周りを見渡して友人が一言「静かだね」

そうなんです!パワースポットを求めて観光客が大勢来ていると思っていたのに、上陸したのは8人ほど。しかも、直ぐにシュノーケリングするためか、水着着用の人もいました。

上陸できたけど「これからどうする?」と不安になる静けさですが「日本屈指のパワースポット」と言われている大神島。歩けば何か神秘なできごとに出会えるかも!あわい期待をもちながら島内を散策してみました。

スポンサーリンク

昔から伝わる大神島のミステリーは本当なのか?

大神島に行く事が決まり色々調べるなか、不安だったのが「お昼を食べる所はあるの?」「トイレは?」など、滞在中のことでした。

実際は食堂もありトイレも問題なかったけど、それと同時に気になったのが、大神島に伝わる数々の伝説です。いろいろな伝説があり、特に気になったのが↓コチラの3個です。本当の所はどうなのか気になります!

  • キャプテン・キッドの財宝が眠る
  • 島民の女性のみが参加できる秘祭がある
  • 入ってはいけない「聖地」がある


素朴な雰囲気の「島尻港」島民に日用品を届けるため毎日運行

宮古島から定期船「スマヌかりゆす」に乗り、約15分ほどで島尻港に到着します。季節によって変動しますが、1日4~5往復しか運行していないので、乗り遅れに注意してください。



「許されざる者だけが上陸できる」と言われていますが、港が小さいので高波や風が強い日は桟橋まで水が来るため、上陸できないのではないでしょうか。

しかし、この日は「風も無く波も高くなく特に問題なく」上陸できました。

これは「神様からお許しが出たんだ!」と喜んだのもつかの間、あんな試練が待っていたとは!試練は大げさだけど、予定が色々変更になったので、詳細はのちほど紹介します。


タコ漁が盛んだと聞いていたけど、今日はもう終わり?


港には既に漁を終えたのか、漁に出ていないのか分からない船が停泊していました。大神島の特産品は「カーキダコ」なので、タコ漁にも使われるのかな。しかし静かです。当たり前だけど人は歩いていません。

祭祀が行われる「遠見台」

まずは祭祀が行われる「遠見台」へ行く事にしました。港から緩やかな坂を上り、集落内を進むと約10分ほどで遠見台の入口に到着します。夏の日差しが厳しいためか、静かな集落に人の姿は見えません。



遠見台へ向かう道の途中、港近くに大神島小学校、中学校跡が残っていました。今は入口の外壁と門のみ残っている状態でしたが、かつては子供も沢山いて賑わっていたんでしょうね。




祭祀が行われる「遠見台」は立ち入り期間があるので注意して!

  • 遠見台の岩は神様の岩です。昇ってはいけません。
  • 祭祀の期間は、立ち入りが禁止されています。
  • ゴミは必ず持ち帰り美化に心がけましょう。





遠見台へは木製で作られた階段を昇り、約5分ほどで到着します。訪れたのが真夏と言うこともあり、全身から汗が吹き出し運動不足のなのでかなり厳しい!ヘロヘロになりながら振り向くと、青くキレイな海が広がっていました。



頂上の遠見台(トウンパラ)からも、晴れていれば宮古ブルーの美しい海を見渡すことができます。頂上からは大神島多目的広場が見えますが、この付近にはキレイな色の小魚がいて、シュノーケリングもできるようです。

キノコの型のノッチ岩

港に戻りキノコ型に見える奇石(ノッチ)を見に海辺を歩きます。何もないキレイな海を見ながら歩いているだけで癒されますね。しかし、ノッチ岩に行く途中、誰にも合いませんでした。他の観光客はいったい何処にいるのかな?





港から歩いて約10分ほどで奇石(ノッチ)の点在する場所に到着。ノッチと言われるキノコ形のこの岩は、波の浸食で根元を少しずつ削られ、このような形になりました。



不思議な形の奇岩(ノッチ)を見ながら、更に先に進むと道路は寸断されていました。高波か台風の影響で道路の一部が壊れていたけど、そもそも大神島は島一周できないんです。

道路工事は何回も行われ、そのたびに色々と問題が起こり、結局、道路工事は中止か延期になり、この様な状態となっていました。


港に戻る途中、放置されている車を見かけました。ボロボロの車だったけど、島サイズなのか小さくてカワイイ。

大神島多目的広場の目の前から海に入れます

港から少し歩くと「大神島多目的広場」に到着します。キレイに整備され広場にはトイレや吾妻屋もあるので、休憩するには最適な場所です。




多目的広場の前から海に入れる階段がありました。ブルーの小さな魚が沢山泳いでいたり、海も透き通ってキレイなのでシュノーケリングをするのに良さそう。

大神島にはシュノーケリングできるポイントが他にもあります。しかし、慣れていないとキケンなので、初心者にはこの位の浅瀬がちょうど良さそう。


多目的広場から海沿いを少し進むと、道路が途中で無くなっていました。反対側はここで終わりです。

おぷゆう食堂の「カーキタコ丼」のタコが美味しい!

港から徒歩1分ほどで「おぷゆう食堂」に到着します。島の特産品で作られた「カーキタコ丼定食」やカレー、宮古そば、ドリンクなど食べる事ができます。




おぷゆう食堂は民宿も兼ねています。素泊は1名1室4,000円~5,000円で宿泊する事ができるんです。神様が住む島で宿泊、ちょっと体験してみたい。




カーキダコ丼、味噌汁、サラダ、もずくが付いて800円。カキ氷は屋台で出される固めの氷で、暑い夏にはありがたいですね。

定食を作ってくれた男の人とは別の人が厨房に入っていきました。「留守番ありがとう!」と会話をしているけど、私の食事を作ってくれたのは誰なの?

外出する時は島民の誰かが留守番をするのかも。しかし、慣れた手つきで作られた定食は美味しかったから問題ないですね。

大神島の「キャプテン・キッド伝説」とは!

P16540

キャプテン・キッドは1701年5月23日にロンドンで絞首刑されました。処刑される直前「自分はある場所に財宝を隠している…」と叫んだところで処刑されたため、今も何処かで財宝が眠っていると憶測を呼んでいます。

そんな中、1966年6月30日付沖縄タイムスに「海賊の財宝島に眠る?島民全滅の伝説と共に」 という大神島に財宝がかくされているとした記事がでたため、財宝探しを目的とした人々が大神島に押し寄せました。

立ち入り禁止の場所などに入り財宝を探しましたが、何も見つかりません。その代わり原因不明の病気や死者も出たと言われ、神様の祟りとも言われたようです。

結局、財宝は見つからなかったけど、そもそもキャプテン・キッドは大西洋及びインド洋を中心に活動していたので、大神島は活動範囲外と言われています。

しかし「火のない所に煙は立たない」と言うことわざもあるように、根拠があったから新聞記事にも載ったのではないでしょうか?

財宝が有るなら見てみたいけど、世の中には解明されていない伝説も沢山あるので、大神島の伝説も「あるかも?」と言う神秘的な事として、語り継がれ伝説のままでいいのかもしれませんね。


神様のイタズラ?参加できなかった「島のおじいによる大神島観光ガイド」

大神島に行く事が決まり、詳しく島のことが知りたいと「島のおじいによる大神島観光ガイド(約90分)2,000円」に予約したのに、何かの手違いで予約が入っていませんでした。

予約先である大神島観光協会に電話したけど繋がらず、メールで問い合わせをして回答が来ていたのに、あのメールは誰から来たんだろう?


観光ガイドで島を散策する予定だったので、ガイドブックなど一切持って来ていません。

たまたま港の近くにいた漁師さんに聞くと「1時間くらいで観光できるよ~」っと教えてもらったので、港にあった案内板を写メに撮り島内を散策しました。

おぷゆう食堂での時間も含めると2時間位で島を周る事はできたけど、結局、島の「謎」までは分かりません。

入っていけない「聖地」もよく分からなかったし、島のことを詳しく知りたい方は「島のおじいガイド」で巡った方がいいですよ。



おぷゆう食堂に手作りの観光マップが置いてありました。これを見る限り観光名所と呼ばれる所は全て見たようです。当たり前ですが、入ってはいけない聖地は載っていませんね。




帰りの船を待ちながら港の待合室で休んでいたところ、時間になっても船が来ません。「どうしたのかな?」と心配になり時刻表を見てビックリ!行きと帰りの時間を逆に見ていました!

すでに出発した大神→宮古島行きの船。次の便は2時間後です。多目的広場や海辺をウロウロし、やる事がなくなったので、犬と遊んで時間を潰していました。暑いためか犬も、ほとんど動きません。

1便逃すと次の船まで2時間ほど待つ事になるので、時刻表を見るときは注意してください!!

スポンサーリンク


大神島が島一周できないのは神様が関っていると思いたくなる理由

kanon
大神島は道の一部が寸断され、島を一周まわることができないんだって。
miyuさん
何で?
kanon
島の東部から北部をつなぐ道路工事をするたびに、機材が故障したり工事関係者が病気になったりと異変が続き、今も未完成のままなの。
miyuさん
道をつないで欲しくない理由でもあるのかな?
kanon
そこが謎なんだよね~
kanon
島を工事することで神様が怒っているのかも。
miyuさん
「島のおじいの大神島観光ガイド」の予約が入っていなかったのも、神様が怒って取り消されたんじゃない?
kanon
どうして?
miyuさん
「謎を探しに!」とか言ってたけど、1番の目的は大神島特産の「燻製タコ」が食べたかったからでしょ。
kanon
確かに燻製タコは食べたかったけど、純粋に神秘的と言われている大神島を見てみたかったの!
miyuさん
それで燻製タコは美味しかった?
kanon
燻製タコの「カーキダコ丼」美味しかったよ~♥燻製タコはお土産で買いたかったけど、販売してなかったの。
kanon
今度こそ「燻製タコ」買いたいな~
miyuさん
今度こそ「島おじいのガイド」じゃなくて「燻製タコ」なんだね。
kanon
…ハイ

大神島の詳細・マップ

おぷゆう食堂&民宿
住所沖縄県宮古島市平良大神130
営業時間10:00~17:00
島のおじいによる大神島観光ガイド
お問い合わせ0980-72-5350
料金2,000円
時間約90分
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

大神島(おおがみじま)
◆宮古島から4キロで2015年の島民の人数は29人 大神島~宮古島へは定期便(新スマヌかりゆす)に乗り約15分 料金:大人350円(片道)、小人180円(片道)

大神島~宮古島(島尻港)定期便【時刻表】
夏季時刻表(4月~9月)冬季時刻表(10月~3月)
宮古島発大神島発宮古島発大神島発
08:3008:0009:0008:15
11:0010:2011:4011:00
13:3013:0014:1513:45
15:4015:1016:4516:20
17:2017:00

宮古島のおすすめ観光&交通情報

宮古島のおすすめスポット&交通情報
<観光スポット>東平安名崎
宮古空港から車で約35分
多良川酒蔵見学
宮古空港から車で約17分
宮古島海中公園
宮古空港から車で約35分
まいぱり 宮古島熱帯果樹園
宮古空港から車で約15分
通り池
伊良部島内、佐良浜港から車で約25分
下地島空港
伊良部島内、佐良浜港から車で約20分
フナウサギバナタ展望施設
伊良部島内、佐良浜港から車で約10分
牧山展望台
伊良部島内、佐良浜港から車で約15分
<ビーチ情報>砂山ビーチ
宮古空港から車で約10分
前浜ビーチ
宮古空港から車で約20分
与那覇前浜
宮古空港から車で約15分
パイナガマビーチ
宮古空港から車で約13分
保良泉ビーチ・パーク
宮古空港から車で約25分
新城海岸
宮古空港から車で約25分
吉野海岸
宮古空港から車で約35分
佐和田の浜
伊良部島内、佐良浜港から車で約10分
渡口の浜
伊良部島内、佐良浜港から車で約15分
中の島ビーチ
伊良部島内、佐良浜港から車で約20分
<宮古島から行ける離島>来間島
宮古空港から車で約10分
伊良部島・下地島
宮古空港から車で約10分
池間島
宮古空港から車で約25分
大神島
島尻漁港から船で約15分
多良間島
平良港から船で約2時間30分
水納島
平良港から船で約2時間
宮古島のガイドブック>おとな旅プレミアム 石垣・竹富・西表・宮古島
>沖縄・離島情報2017-2018
>秘密の沖縄スポットガイド
>沖縄の宮古島100の素顔―もうひとつのガイドブック
宮古島の遊び・体験>宮古島のマリンスポーツ
>宮古島のシーサ作り・クラフト体験
>>予約に使える「じゃらん遊び体験クーポン」配布中

スポンサーリンク

フォローする

Translate »