東京から「戸隠神社&善光寺」を格安で観光する方法【日帰り旅】


平日の10月31日に1日だけ休み取れたので、東京から高速バスに乗り長野県にやってきました。せっかく長野県に来て日帰りなんて「交通がもったいない!」と思いますよね。

でも今回はウィラートラベル(WILLER TRAVEL)の「水曜WILLERでGO!」を利用したので、片道1000円の運賃で長野に来る事ができました。

往復共に1000円で購入できたので合計2000円。この料金なら、手軽にリフレッシュ旅行に行けます。

ちなみに、ウィラートラベルを利用した事がない方に簡単に説明すると「水曜WILLERでGO!」は毎週水曜日の17時から通常の料金よりお得なバスの乗車券が販売されます。

東京から長野であれば、通常でも平日料金1500円~2500円ほどで購入できますが「水曜WILLERでGO!」では1000円になります。ただし、数量限定なので必ず購入できるとは限りません。

\全国100路線以上販売中!/
>>高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

スポンサーリンク

東京から長野までバス移動

バスの移動は交通費が安くなる分、移動時間がかかります。今回訪れた長野の場合、東京→長野間の移動時間は片道約4時間20分となり、往復9時間ほどかかりました。

そのため日帰り旅行の場合、滞在時間は6時間ほどしかありません。

しかし、滞在時間が短い場合でも「スケジュール&運」があれば十分に満喫した旅を楽しむ事ができます。

今回は両方とも上手く行き、滞在時間6時間とは思えないほど、満足度100%の旅行を楽しむ事ができました。


新宿7時10分のバスに乗り長野駅に向かいます。新宿に新しくできたバスターミナル「バスタ新宿」を初めて利用しましたが、JR線から移動した場合、バスターミナルまでスムーズに移動できるので便利でした。

定刻通り出発したバスの車内は平日と言うこともあり、15人ほどしか乗車していません。人数が少ないので隣の席も使い方放題です。

全員がセール価格ではないと思うけだ、もともと東京↔長野までは片道1500円~2500円ほどで行けるので、人数が少ないと赤字にならないかと心配になります。

心配しながらも爆睡の間に休憩ポイントのパーキングエリアに到着。

今回のバスはトイレが付いていないため、途中、三芳パーキングエリア、釜飯で有名な横川パーキングエリアの2箇所で約20分ほど休憩が入ります。

トイレ付きのバスの場合、休憩がないぶんウィラートラベルよりは1時間ほど早く長野に到着します。料金が安い分、1時間多く乗車時間が長くなるのはしょうがないですね。

戸隠高原フリーキップ

長野駅に到着した時に1度目の「運」が訪れました。スケジュールでは長野駅に11時30分に到着する予定でしたが、道路混雑がなく11時23分に長野駅に到着。

そこで「間に合うかも!」と長野駅東口から反対側の善光寺口、更に少し先にあるアルピコ交通のバス停まで猛ダッシュ。

乗れないと思っていた11時30分発の戸隠神社行きのバスに乗る事ができました。



11時30分発の戸隠行きのバスに乗れなかった場合、秋は日が沈むのも早いし、その後のスケジュールを考えて戸隠に行くのは諦めていました。

しかし、戸隠行きのバスが到着する1分前にバス停前到着。目の前にあるアルピコ交通の営業所で「戸隠高原フリーキップ」を購入し、すべりこみセーフ。

バスが長野駅に早く到着できた事が最大の要因だけど、なにより諦めずに全力で走った事でバスに乗れたと思います。諦めないで走ってよかった!

バスに乗り少し落ち着いた所で戸隠に到着する1時間の間に、スケジュールを一から考えなくてはなりません。

戸隠の日没が16時51分なので、15時台のバスに乗り長野に戻るのがベスト。1本逃すと次のバスは1時間後なので、それだけは避けなくてはなりません。

<考えたスケジュール>
1.奥社参拝
2.中社参拝
3.うずらやでお蕎麦を食べる
4.善光寺参拝
5.甘酒&りんごをお土産で購入
6.おやきを食べる

かなりタイとなスケジュールだけど、計算上では何とかなりそうです。

戸隠神社 奥社(おくしゃ)

12時27分、奥社バス停に到着。バス停から奥社本殿まで予定では片道40分ほどかかります。

どうして40分もかかるかと言うと、長い参道を歩き更に進むと急勾配の坂道が現れます。この道が最大の難関で、軽いバイキング状態になるからです。

過去3回、奥社本殿に行っているので、大変なのは何となく覚えています。

しかし、今回は2時間後のバスに乗るため、今まで以上に急いで歩かないと行けません。過去3回の時でも大変だったのに、あれから全く運動していないので、かなり心配です。



平日なのに相変わらず観光客の多い戸隠神社。それにしても多いような気がすると思ったら、午前中に「第48回戸隠そば祭り 戸隠蕎麦献納祭」が戸隠神社の中社前で行われていたのが、後でわかりました。

第48回戸隠そば祭りが無くても観光客は多いとは思うけだ、平日に来たからには人の少ない、ひっそりとした奥社の参道を歩きたかったな。

奥社参道を歩いている時には、戸隠そば祭りのことは知らなかったので、人が多いと思いつつ普段より、ややはや歩きで参道を進みました。





バス停から歩き始めて約20分、随神門(ずいしんもん)に到着。

参道のほぼ中心地に建つ随神門は「神域に邪悪なものが入り来るのを防ぐ御門の神」と言われています。

長い参道を20分ほど歩き、赤い随神門が見えてくると「戸隠に来たんだ」と、しみじみと来た実感がわいてきます。




随神門をくぐると、天然記念物にも指定されている杉並木が数百mほど続きます。樹齢400年を超える立派な杉並木道は「森林浴&癒しのスポット」なので、疲れている人はここに来て深呼吸してほしい、そんな場合です。




随神門から約20分歩き、奥社に到着しました。冬支度のためか、工事中のためか少し残念な奥社本殿でしたが、息切れが少し収まったところで参拝。

ここへ来る途中、急勾配のゴツゴツした道を歩くので、スニーカーなど歩きやすい靴で来る事をオススメします。



奥社のすぐ隣に建つ九頭竜社(くずりゅうしゃ)にも参拝。「水の神、雨乞いの神、虫歯の神、縁結の神」として尊信されています。




社務所で御朱印をいただき、おみくじを引く事にしました。戸隠神社のおみくじは他とは少し違い、数え歳を告げておみくじを引いていただきます。

誕生日後の人は今の年齢に+1歳を足し、足した年齢を伝えます。社務所の置くの方で宮司さんが祝詞を唱えながら、おみくじを引いてくれます。

年齢を知られたくない人は躊躇すると思いますが、他ではあまり体験できないので、戸隠神社のおみくじを1度試してみるのはいかがでしょう。

ちなみに私の結果は「吉」でした。神様からのメッセージとして書かれている内容は、難しい言葉が並んでいるため良く分かりません。

私なりに読み解いてみたところ「自分の力では叶わないと思うような事があっても、予想外のところから助けがあり上手くいく」

何か良くない事があっても、人や運の助けがあり上手く行く!そう言う事みたいです。

戸隠神社 奥社までの詳しい詳細は↓コチラで紹介しています。

心と体をリフレッシュするため紅葉も終わり少し寂しい奥社へ!樹齢400年を超える杉並木の参道を歩くと、良い気とパワー注入?


戸隠神社 中社(ちゅうしゃ)

奥社まで往復約80分歩いて戸隠奥社バス停に戻ってきました。予定通り14時27分のバスに乗り14時30分、戸隠中社に到着。

数年前に始めて訪れた時、こちらの鳥居の大きさに圧倒された事を覚えています。

あれから4度ですが、やはりこの大きな鳥居を見ると「大きいな!」と毎回声に出してしまいます。





急な階段を昇り境内に到着。行きのバスに乗っているとき、中社の前には大勢の観光客がいましたが、あれから2時間ほどたっているためか、5~6組の参拝客しかいません。

きっと「第48回戸隠そば祭り 戸隠蕎麦献納祭」に訪れたいた人で、混雑していたんでしょうね。

境内には樹齢700年の大きな杉の御神木や小さいけど滝もあるので、御朱印をいただいた後は深呼吸してパワーをいただきます。

蕎麦処 うずら家

戸隠神社 中社の斜め前に建つ「うずら屋」で遅めのランチをいただきます。こちらの「うずら屋」は今まで食べたお蕎麦の中で、ダントツNo.1の美味しさだと思っています。

人気店のため開店から大勢のお客さんが訪れ、14時を過ぎてもかなり混雑していました。

今回は中社を参拝する前に入口にある紙に名前を書いていた事もあり、30分ほどで入店する事ができました。




席に着いたのが15時05分でしたが、15時20分のバスで長野市内に戻りたいため、着くなり事前に決めていた「大盛りざるそば」を注文。

お蕎麦が出てくるまえに「漬物、そば汁、生わさび」が運ばれてきました。生わさびを自分でおろして準備万端。




15時12分、お蕎麦が運ばれてきましたが、あまりに焦りすぎたので写真を撮る前に少し食べてしまいまいした。

5分でお蕎麦を食べ、15時17分に直ぐ近くにあるバス停に到着。予定通り15時20分にバスが来たので、本当にギリギリです。




平日だった事もあり30分程で入店できたけど、休日の場合はもっと並ぶ事になると思います。

あと少し入店が送れお蕎麦が出て来る時間が遅かったら、15時20分発のバスには間に合わなかったと思うので、本日2度目の「運」があったと言う事になりますね。

善光寺(ぜんこうじ)

バスの車内は予想以上に混雑していたため、席に座れない方もいました。そんな中、一番前の席に座る事ができ、車窓からのどかな戸隠の町並みを見なが、善光寺がある近くのバス停に下車。

歩いて善光寺に向かいましたが、16時30分を過ぎていたので昼間よりはかなりヒッソリとしていました。



最初の予定では善光寺周辺をジックリ散策するプランを考えていましたが、今回は時間がため「参拝&御朱印」をいただき滞在時間約10分ほどで終了です。

善光寺は今まで2度訪れていますが、早朝に来れば本堂で行われる「朝のお勤め(読経)」を見る事もできます。

また、薬王院では事前に予約する事で「朝事&宿坊の朝食」を体験する事ができるので、次回は参拝以外の事も体験したいと思います。

>>善光寺お朝事体験&由緒ある宿坊で朝食のプラン





善光寺の仲見世通りには沢山のお土産店が並びます。しかし、閉まる時間が早いため数件以外は既に閉店していました。

焼きたてのおやきを食べられなかった事が残念だったけど、善光寺に来たら立ち寄る「老舗蔵 すや亀」でお土産用の門前甘酒を購入する事ができました。

以前は甘酒は苦手でしたが、善光寺の門前甘酒を店先で飲んでから甘酒の美味しさに目覚め、それ以来、色々な所で飲むようになりました。

この前、来た時は販売していなかったので、今回は4袋をまとめて購入。キャリーバックがあればもっと買って帰りたかったけど、重たいので4袋が限界です。

>>善光寺「門前甘酒」 濃縮タイプ

小川の庄 大門店 おやき

バスの乗車時間まで時間がないため、駅に歩いて向かいながら食べ歩きができる物を探していた所、閉店間際の「小川の庄」を発見!

ネット通販も行っている「縄文おやき」のお店です。既に焼きあがったおやきが有ったので、野沢菜のおやきを購入。



通常のおやきと炭焼きがあり、味の違いが分からないけど少し高い炭焼きを購入。時間があれば店内でお茶をいただ、焼きたての「おやき」を食べる事ができます。

>>小川の庄 縄文おやき

農産物直売所 旬彩工房Vivid

おやきを食べバスに乗って長野駅に戻ってきました。残り時間は40分ほどしかありません。駅前にある「旬彩工房Vivid」でシナノスイート(3個入り+4個入り)を各300円で購入。



店内は小さいけど長野駅の目の前にあり「りんご、ぶどう、野菜」など、旬な野菜や果物が揃っているので、お土産を買うには便利です。

旅行の感想

長野駅の「はなまるうどん」で夕食のうどんを食べ、帰りのバス乗り場がある長野駅東口(旧:AREXバスターミナル)へ向かい18時10分発のバスに乗り込みました。

行きのバスよりは人が多かったものの、隣の席が空席だったので今回も使い放題。

行きと同じパーキングエリアで2度休憩が入り、予定の時刻より10分遅れの22時35分、新宿バスターミナルに到着。

当初の予定とは違いかなりタイトなスケジュールになってしまったけど、行きたいと思っていた戸隠に行けて大満足でした。

バス旅は乗っている時間が長いので、日帰りの場合はかなり疲れます。ただし、お手軽な料金で「ストレス発散&癒し」が体験できます。

戸隠に行く場合はかなりタイトなスケジュールになりますが、それ以外でもバスのフリーキップを使う事で日帰りでも十分楽しめる旅ができます。

次回、長野を訪れた時もまた美味しい物を食べ、今度こそ温泉に入りたいと思います。

スケジュール&費用明細&

<スケジュール>
07:10 新宿バスターミナル出発
11:23 長野駅到着
11:30 長野駅から戸隠行きに乗車
12:38 戸隠奥社バス停到着
    ~奥社参拝~
14:27 戸隠奥社バス停より乗車
14:30 戸隠中社バス停到着
    ~中社参拝、うずら屋~
15:20 戸隠中社バス停より乗車
16:13 善光寺周辺のバス停で下車
    ~善光寺参拝、甘酒、おやき購入~
17:05 長野駅「旬彩工房Vivid」でりんご購入
18:10 長野バスターミナル出発
22:35 新宿バスターミナル到着

<主な費用>
東京⇔長野 往復バス¥2000円
戸隠フリーキップ¥2600円
御朱印(奥社・九頭竜・中社・善光寺)各¥300円
うずら屋 大盛りざるそば¥1050円 
門前甘酒¥324円×4個
りんご¥300円×2個
炭焼きおやき¥200円
はなまるうどん¥300円
合計¥9246円

詳細・マップ

戸隠神社 奥社(とがくしじんじゃ おくしゃ)
住所長野県長野市戸隠3690
アクセスバス:長野駅より戸隠奥社まで約68分
(冬期は奥社バス停には停車しません)
駐車場奥社参道入口付近に約100台分(大型バス可)
公式ホームページ戸隠神社
戸隠神社 中社(とがくしじんじゃ ちゅうしゃ)
住所長野県長野市戸隠
アクセスバス:長野駅より戸隠中社まで約64分
駐車場約100台分(大型バス可)
公式ホームページ戸隠神社
蕎麦処 うずら屋
定休日水曜日
(祝日の場合は前日が休業)
※11月下旬から12月上旬の約3週間の長期休業あり
住所長野県長野市戸隠3229
アクセスバス:長野駅より戸隠中社下車、徒歩20秒
公式ホームページうずら屋
善光寺(ぜんこうじ)
住所長野県長野市元善町491
アクセスバス:長野駅→善光寺大門下車、バス停より徒歩約5分
(長野駅 善光寺口バスロータリー 1番のりば:善光寺方面行き

所要時間:15分
運賃:150円

駐車場普通車:290台
大型車:57台
公式ホームページ善光寺ホームページ
小川の庄 大門店 縄文おやき
住所長野県長野市大門町53
営業時間10:00~17:00
定休日水曜日
農産物直売所 旬彩工房Vivid
住所長野県長野市南千歳1丁目27-2沢屋ビル1階
営業時間10:00~18:00
定休日なし

長野おすすめ観光&遊び体験

長野・戸隠・小布施のおすすめ観光&遊び体験
観光スポット善光寺
戸隠神社奥社
戸隠 鏡池
戸隠民俗館 忍者からくり屋敷
北斎館
雷滝
日帰り温泉小布施温泉あけびの湯
豊野温泉 りんごの湯
信州 中尾山温泉松仙閣
裾花峡天然温泉宿 うるおい館
大岡温泉
ガイドブックるるぶ長野 善光寺 上田 戸隠 小布施
ことりっぷ 小布施・長野
街の達人 長野 松本 便利情報地図
長野・戸隠・小布施の遊び・体験善光寺お朝事体験&由緒ある宿坊で朝食
三栄農園 りんご狩り
成田屋 りんご狩り
オリカフェ はた織り体験
善光寺表参道さんぽ
おやきや総本家(おたきを作ろう)
小布施人力車 原田屋
予約に使える「じゃらん遊び体験クーポン」配布中

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

スポンサーリンク

フォローする