母娘で松本の桜名所を巡り母親の老いに気づいた2泊3日の旅


転職のため4月の1ヶ月間が休みになり、せっかくなので長野県の桜の名所巡りをする事にしました。母との旅行は久しぶりだったけど、年に2回、趣味のカラオケの会や近所の人達と旅行に行き、わざわざ隣駅まで買物に行くなど元気なので、何の心配もしていません。

元気とは言え年齢も70歳を超え、むかし雪の日に転んだ影響が今頃出てきたため、入院して治療をした経験があります。

そのため、腰が少し曲がり歩くのが不安だからと、普段から私が登山の時に使っていたポールを持って歩いています。

スポンサーリンク

2泊3日のスケジュール

今回の旅行は桜がメインですが、母の体力を考え「松本城」「臥竜公園」「上田城」と、商店街が並ぶ「縄手通り」「中町通り」を巡りました。

母と娘の旅行スタイルの違い

ここで余談ですが、母は普段は家で旅行番組や野球を見ながら、お菓子を食べ昼寝をするのが大好きです。

旅行に行く事は好きだけど、観光には興味がなく、好きな事は「お土産を買う事」。そのため、観光地に行っても直ぐに飽きてしまい、帰りたがります。

私(娘)は旅行が大好きで、最近では秩父と台湾にはまっています。松本旅行の翌日から台湾に行くため、帰った6時間後に羽田空港に行きます(朝5時の便なので、羽田空港のロビーで仮眠)

観光にまったく興味がない母親と違い、古い物や遺跡も好きでジックリ時間をかけて巡っています。母との共通点と言えば、お土産を買うのが好きで、特に道の駅が大好きです(母・娘共に)

天守閣に上れない母を置いてダッシュで上った松本城

新宿からスーパーあずさに乗り松本駅に到着。雨が降っていたので1日目は観光もせず「松本ホテル花月」に直行。

松本城はホテルから約5分と近いため、朝・夜と何度も訪れました。せっかく松本城に来ているので、天守閣に登ろうと訪れました。しかし、思った以上に階段が多く、しかも4階は61度の急勾配。



61度の階段なんて、どのようにしても登れないため、母には入口のベンチで待っていてもらい急ぎ天守閣まで登り20分ほどで戻ってきました。

お城なのでバリアフリーになっていないのは分かっていたけど、、実際に登った感想は「足腰が丈夫じゃいと無理」。昔の人って足腰が丈夫だったんだと思いながら、暇そうに待っていた母の元へ。

松本城の桜を見に2018年4月11日から松本を訪れました。しかし、今年は桜の開花が早く11日時点で半分ほどの桜が散り、満開の桜とお城を見る事ができず残念。しかし、ちょうど開催していた「夜桜会」で夜のお城見学ができました。

松本城に興味がない母親のお城見学の感想

お城にもまったく興味がなく「外国人が多いね~」っと言いながら、そそくさとホテルに帰っていく母親。

これだったらホテルで待っていてもらった方がよかったのかな。まさか松本城を見ても、何の感想もないなんて。テレビ番組で何度も見ているから、初めて見たと言う感動がないのかも。

臥竜公園の桜

松本市の桜は散り始めていたので、レンタカーを借りて桜の名所である臥竜公園(がりゅうこうえん)に行く事にしました。

母も満開の桜を見ながら「きれいだね~」と言いながら喜んでいたけど、時間がたつと飽きてきたのか、桜も見ずにさっさと先に進んで行きます。


歳を取ると感動が薄れると言われたけど本当なの?

以前、エジプト旅行に行った時、一緒に観光した年配の方に「歳を取ると感動が薄れるので、若い時に沢山旅行に行きなさい」と言われた事があります。

感動が薄れるとは思わないけど、母は「花より団子」と食べる事の方が好きなので、名物「黒おでん」を食べていた時の方が喜んでいました。

さくら名所100選にも選ばれた臥竜公園の桜。快晴の中、満開の桜を見る事ができとても感激しました。名物の黒おでんを食べながらのお花見は格別ですよ。

娘の運転が怖いので昼寝をしない母

私(娘)はペーパードライバーで、旅行の時しか運転はしません。旅行専門ですが、一般道や高速にも普通に乗れ、問題があるとすれば、バックで駐車するのが苦手な事くらいです。

母は午前中に買物や洗濯をして、午後になると「昼寝・おやつ・昼寝・間食」を繰り返しゴロゴロしている事が多く、ホテルでも気づいたら寝ていました。

そんな昼寝好きの母ですが、私の運転する車に乗った時に、寝たのを見た事がありません。日帰り旅行でも、1日中車に乗っていた時も寝ません。気づいたら寝ている母親だけど、私の運転は怖くて眠れないのか、今回もしっかり起きています。

弁天さんのしだれ桜

臥竜公園で、ここから車で15分ほど走ると「弁天さんのしだれ桜」があると聞き訪れました。

前日に強風が吹いた事もあり、満開から少し散った状態だったけど、樹齢推定250年、樹高約10mの大きなしだれ桜は迫力があり感動!!



しだれ桜も見事だったけど、まわりに梅の花も咲いていて、素朴な風景を楽しむ事ができました。

ベンチに座って桜を見る母

しだれ桜を見るためには、駐車場の広場から丘がある斜面を上らないと行けません。普段から私が登山の時に使用していたポールを使い、買物や散歩に出かけているので上れるかが心配でした。

手でひっぱりながら桜の前に着き「大きな桜だね」と言っていたのに、数分後にはベンチに座っている母。やっぱり数分で興味がなくなり、早く帰りたそうにしています。

いやいや樹齢250年だよ、なかなか満開の時期には来れないんだよ!心の中でつぶやき、後ろ髪を引かれながら「弁天さんのしだれ桜」見学終了。

樹齢250年の弁天さんのしられ桜。満開から少し散った状態でしたが、それでも今まで見た事のない巨木の桜に大感激!!

上田城見学

臥竜公園、弁天さんのしだれ桜を見た後、時間があったので以前から行きたかった上田城に立ち寄りました。残念ながら桜は散っていたけど、大河ドラマ「真田丸」で人気になった事もあり、観光客が沢山来ていました。



少し遠い駐車場に車を止めてしまい、城への入口まで階段を下ったり、上ったりかなり大変でした。

見どころを探して右往左往

今回の旅行で一番大変だったのが上田城でした。目的の桜が散っていたので、場内をウロウロしながら歩く事になり、若い人なら問題ない坂も、高齢の母親には重労働!

近道の坂もハアハア言いながら登っていました。近くに居たおじさんがジッとコチラを見ていたけど、虐待していると思われたかも(汗)

「大丈夫、大丈夫」と言って歩いていたけど、興味がない上田城を、ただやみくもに歩く娘に呆れていたんじゃないかな。

松本ホテル花月

今回の宿泊は松本城から徒歩5分の場所に建つ「松本ホテル花月」です。和室の旧館にしたのは、楽天スーパーセールで安く宿泊できたのが最大の理由ですが、もう1つは大浴場があるからです。




別館はやや古い感じもするけど、松本民芸家具が使われていたため私好みの宿でした。そして、昼寝好きの母は、畳みに横たわりテレビを見ながらゴロゴロしています。

これじゃ家と変わらない!でも、かわらずゴロゴロ出来るほうが落ち着くのかな。

松本城から徒歩約5分の位置に建つ「松本ホテル花月」は、お部屋に松本民芸家具が使われるなどレトロな雰囲気のためか外国人客も多く来ていました。疲れた体には嬉しい大浴場もあり、そのお湯には「平成の名水百選」に選ばれた地下水を利用しています。

お風呂は5分以内で出てしまう母

「そんなに入らないわよ、のぼせちゃうから」と言うのが口癖で、着替えるより早くお風呂から上がる母。温泉に行っても5分位で出てしまいます。

大浴場は本館の地下1Fにあります。宿泊したのが別館(旧館)のため、エレベーターで1Fまで行き、渡り廊下を進み、更に本館のエレベータで地下に行かないと大浴場にいけません。

こんなに移動が多いと不安なため、常に一緒に移動していました。私(娘)は温泉好きで1時間でも2時間でも入っていたけど、親孝行旅行のため今回は諦めました。

夜のお風呂は短めにして、朝ゆっくり入ろう思ったら「一緒に行く!」と言って、滞在中、4回お風呂に入っていた母。入浴する時間は短いけど、大浴場は好きなようです。

近所に配るお土産を全部買わせようとする母

お土産を買うのが最大の楽しみな母なので、松本駅でお土産購入するときが、今回の旅行で一番楽しそうでした。しかも、近所に配るお土産の全額を私が払います。

毎回、支払うそぶりを見せつつ、気づいたら全額支払っています。しかも、6軒分のお土産ってけっこうな金額になるんですよね。いいんだけどさ~、6軒は多くない。しかも、こんなに高い物いるのかな。

縄手通り&中町通りは↓こちらからご覧下さい

松本駅から徒歩約10分、女鳥羽川沿いに風情ある商店街「縄手通り(なわてとおり)」があります。骨...
松本駅から徒歩約10分で中通りに到着します。白壁と土蔵造りの家が立ち並び、城下町の雰囲気を味わうことができます。

冗談のような遅い歩みに、母親の年齢を改めて思いしらされました。しかし、一緒に旅行に行けるのもあと何年もないので、今後も旅行に行きたいと思います。

「秋に熱海に行くから運動しておいてね」と言ったら「そうだね!動かないとね!!」と言いながらゴロゴロおやつを食べています。こればかりは治らないかな(笑)